WebDesktop - Smartphones - Tablets   | 日本語 ( JP - Japanese ) | Keeping up-to-date on social exclusion worldwide | 日本語 - PRESS REVIEW about social exclusion : Poverty | Health | Elderly | Children | Education | LGBT | NON-PROFIT initiative : Our mission is to provide the best information on social exclusion worldwide || Raising awareness on the damaging effects of social exclusion

STIGMABASE | 検索

2018年1月18日木曜日

高齢受刑者の認知症検査を導入へ 法務省

高齢受刑者の認知症検査を導入へ 法務省
- 犯罪白書によりますと、おととし1年間に刑務所に入所した65歳以上の高齢者はおよそ2500人で、入所者全体に占める割合はおよそ12%と増加しているほか、 ... 名古屋など、受刑者の数の多い全国8か所の刑務所で、新たに入所する60歳以上の受刑者を対象に、原則として、認知症の検査を導入することになりました。

熊本市職員がLGBT研修会(熊本県)

熊本市職員がLGBT研修会(熊本県)
- 同性愛や性同一性障害などいわゆるLGBT・性的マイノリティーについて熊本市の職員が理解を深める研修会が開かれた。研修会には市の職員など200人が参加し、同性愛LGBTの支援を行っている川口弘蔵さんが講演した。研修会では書類の性別欄が本当に必要か考えてほしいと指摘があった。熊本市の職員は「一つ ...

「HEAVY RAIN」や「Detroit Become Human」の開発スタジオ、「不適切な社風」が原因で告訴されている

「HEAVY RAIN」や「Detroit Become Human」の開発スタジオ、「不適切な社風」が原因で告訴されている
- さらに、元社員はCageについて、同性愛者を批判するコメント、人種差別的発言をするとし、その例としてCCTV(TVチャンネル)で見た強盗事件についてチュニジア人の社員に「お前の親戚なのか」と尋ねたという。 Quantic Dreamの創業者の1人でもあるGuillaume de Fondaumièreについて、スタッフのいるところでの不適切 ...

いじめ傍観を考える 中学生ら自作劇 20校74人が参加 /奈良

いじめ傍観を考える 中学生ら自作劇 20校74人が参加 /奈良
- サミットは昨年度に続いて2回目の開催。市内全21中学校を対象に各校の生徒会メンバーらが実施したアンケート約6000人分の回答を基に、いじめをテーマにした自作の劇を作り、会場で上映された。 アンケートでは、いじめを見た時に「黙って見ている」と答えた生徒が各学年で男女共に4~5割強を占め、「怖くて止められ ...

障害者、LGBT…多様性社会目指し 渋谷で催し

障害者、LGBT…多様性社会目指し 渋谷で催し
- 障害者、LGBT…多様性社会目指し 渋谷で催し ... 骨が折れやすい障害がある伊是名さんは、本紙生活面に「障害者は四つ葉のクローバー」を隔週日曜連載している。トークショーでは、現在の特別支援学校に通った小中学校時代 ... 松中さんはゲイ(男性同性愛者)を公表し、当事者の声を発信している。「皆が思っていること、 ...

「弱者」が追いやられる韓国社会、その背景にあるものとは?

「弱者」が追いやられる韓国社会、その背景にあるものとは?
- ... など、個人が経験する社会的危機を国が制度的に解決できない時、その社会は歴史的に作られてきた文化的コードにより弱者にその原因を回すことになる」とし、韓国社会について「文化的に家父長的で儒教的な文化的コードを持った韓国社会では、その傾向が女性や同性愛者、障害者に対する嫌悪として現れる」と説明。

「若者庁」創設を提言 関西同友会、自信のない若者に生き抜く力を

「若者庁」創設を提言 関西同友会、自信のない若者に生き抜く力を
- 関西経済同友会が子供若者への支援を重視した提言を相次いで発表した。子供貧困や若者の未婚率の上昇など、長期的な国力の低下につながりかねない現状に本格的に対策を講じるべきだとするもの。ビジネスの担い手が不足する危機感が背景にある。子供や若者が抱える問題に長期的視点から焦点を当てた経済団体 ...

「身体拘束」施設ごとに指針を 虐待防止へ 厚労省

「身体拘束」施設ごとに指針を 虐待防止へ 厚労省
- 厚労省によると、介護施設での身体拘束は原則、すべて「高齢者虐」に該当するとして禁止しているが、自傷や他害の恐れがあるなど緊急でやむを得ない場合に限り認めている。拘束する際には、理由や時間、心身の状況などの記録を義務付けているが、施設独自の指針づくりまでは求めていない。 厚労省は、現在の運営 ...