WebDesktop - Smartphones - Tablets   | 日本語 ( JP - Japanese ) | Keeping up-to-date on social exclusion worldwide | 日本語 - PRESS REVIEW about social exclusion : Poverty | Health | Elderly | Children | Education | LGBT | NON-PROFIT initiative : Our mission is to provide the best information on social exclusion worldwide || Raising awareness on the damaging effects of social exclusion

STIGMABASE | 検索

2017年3月9日木曜日

確率密度関数空間における関数線形回帰分析

確率密度関数空間における関数線形回帰分析
- ここで1つ問題になるのは、これらの指標が必ずしも似た動きを見せる訳ではないという点である。ともに不平等を表す指標でありながら、ある指標は大きく変化し、他の指標はほとんど変化しないような場合、どのように理解すべきなのだろうか? 一体、これらの指標はどういう不平等を捉えているのだろうか? 不平等と一言で言っても、たとえば極端に所得の高いごく少数の集団の存在によって不平等が高まることもあるかもしれない。もしくは人口を二等分するような二極化が起こることで不平等になるのかもしれない。指標を見ているだけでは、指標の変化が背後にある分布のどのような変化によってもたらされたのかが分からない。これが、指標が統一的な動きを見せないときに我々が戸惑う根本的な理由である。